1.音楽祭の成功だけが目的ではありません!

・音楽祭の開催は、ひとつの手段であり、成功は短期の目標・・・目的は都城の活性化と仲間作り
2.どんな音楽祭を開催するのか
・地元出身の音楽家による、オリジナルなライブを開催する
(ドラム:永井利光、津軽三味線:石井秀弦、バイオリン:山内達哉、サックス:宮里陽太・・など)
3.実行委員会が活性化する事で、街を元気にする事が出来る。
・誰でも参加できる(年齢性別問わず、金銭の負担も無い)
・都城・三股町・周辺の市町(財部町、末吉町などを含む)に関係のある人たちの大きなネットワークを作る事で、友人知人が増える。
・実行委員会組織の各委員会は、それぞれ自由に発案し活動を提案できる。
・自分たちが楽しむためのイベントを企画し、行動する。
4.組織運営委員会と学生委員会
・組織の秩序を守るため、健全な組織運営をするために組織運営委員会の役割が重要。
・学生委員会は、将来を担う若者たちに現状を知っていただき街づくりを体験する事で、学んでもらいたい。
・学生委員会の健全な運営を見守るために
組織運営委員会の下部組織として、管理する。
5.具体的な活動
・事務局作り
・アーケードを利用したイベントの開催(街づくり委員会)
アーケードライブ、フリーマーケットなどを発案し実行する
・実行委員同士の親睦を深めるためのイベント開催
ビアガーデン、ボーリング大会などを発案し実行する
・11月17日(日)の都城音楽祭2013の開催(終了)
あらゆるメディアを通じて、それぞれの実行委員が広報活動をする
・他のイベントへの共催、協力など

一緒に活動しませんか?

資格:都城市周辺に在住の18歳以上の男女。ただし親の承諾が有れば、高校生から参加できる。